腰痛は放置しておくと大変!?腰痛の原因と症状とは?

腰痛は、日本人の現代病とも言える代表的な腰の病気です。腰痛になると、慢性的になりやすいのが腰痛症状の厄介な所です。ここでは、そんな腰痛の事について色々見ていきたいと思います。

腰痛とは?

肩こり腰痛解消ならフットマン

腰痛とは、腰に生じる痛みの全ての症状を総じています。なので、一つの怪我や身体の不調と言う事で無く、様々な腰の症状を総称しています。厚生労働省の健康調査でも、腰痛は、男女共に身体の不調な症状でも訴えの多い症状で、腰痛に悩まされている人とは年々増えています。
腰は、腰椎(ようつい)と言う5つの骨が積み上がって構成されています。基本的にその腰椎に負担が掛かってしまったり、障害が生じてしまったりする事で、腰痛は発症します。しかし、その他の事が要因となって腰痛が生じているケースもあり、様々な要因で腰痛は引き起こります。

腰痛の原因について

腰痛の原因と言うのは、前途でも述べた通り要因が様々考えられます。なので、腰痛症状の内しっかり原因を突き止められる症状は全体の約15%と言われています。腰痛として代表的な症状には、直接的に腰椎が障害されて引き起る圧迫骨折、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄が挙げられます。しかし、その他にも細菌感染、がん、臓器や血管の病気等でも、腰痛症状が現れる場合もあります。
そして、全体の約85%の腰痛症状と言うのは、病院でレントゲン検査等を行っても腰痛になった原因を特定する事は出来ないと言われています。こうした原因不明の腰痛は、主にライフスタイル、ストレス、不眠等、本人の精神状態が影響を及ぼしている場合もあります。他にも、神経が障害を起こしている事によって腰に痛みが生じているケースもあります。

腰痛の原因が特定出来るタイプ

腰痛の原因を特定出来る症状の場合、症状を大きく2つに分類する事が出来ます。

腰椎を直接障害するもの
このタイプには、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄、背骨の骨折等が挙げられます。腰椎に障害が発生している他にも、骨への細菌感染、がんの骨転移等、生命に関わって来る危険な病気も含まれてきます。なので「どうせ軽い腰痛だから」と軽く症状を捉えずに、病院で早めに医師に診てもらう事が大事になります。
臓器周辺の神経を刺激するもの
このタイプには、消化器系、泌尿器系、婦人科系、循環器系等の病気が要因となって、腰痛が生じているケースです。腰痛の他にも併用して他の疾患を伴っているので、しっかり病院で診察してもらう事が大切です。

腰痛の原因が特定出来ないタイプ

腰痛の原因が特定出来ない症状の場合、画像検査を行っても腰痛の原因を突き止める事は出来ません。従って、このような場合には、心理的・身体的な影響が身体に関係していると考えられています。腰痛の発症は、色々な心理的要因が複雑に絡み合うと、腰痛の慢性化に繋がるケースも多いです。身体的影響には、職場で長時間同じ姿勢で働いている、運動不足、冷え症等が挙げられます。心理的影響には、ストレスの多い生活環境等が挙げられます。

腰痛の4大症状とは?

肩こり腰痛解消ならフットマン

非特異的腰痛

腰の病気と呼べない腰痛に関しては、病院で診断結果の病名が付かない症状、あるいは気付きにくい症状の腰痛を指しています。このように、病気と言う事の出来ない腰痛症状を、非特異的腰痛と言います。
この非特異的腰痛が、前途で述べているように、病名の無い腰痛症状で悩んでいる約85%の患者さんの事を指しています。しかし、「どうせ病院で診てもらっても病名が分からないから」と、長い間腰痛の症状を野放しにしていると、腰痛症状がさらに悪くなって、明らかな腰の病気の状態に症状が進行してしまう場合もあるのです。
非特異的腰痛の原因としてよく挙げられるのが、悪い姿勢、ライフスタイル、筋肉疲労等が主な要因となっている事が多いです。疲労性腰痛や姿勢性腰痛とも言われています。

特異的腰痛

腰の病気による腰痛は、病院で病名が付く腰痛を指し、特異的腰痛と言われています。また、非特異的腰痛が進行した結果、特異的腰痛に症状が悪化し、具体的な腰痛の病名が診断結果で付く場合もあります。
<特異的腰痛のタイプ>
椎間板ヘルニア 変形性脊椎症 脊柱管狭窄症 腰部変性すべり症
感染性脊髄炎 骨粗鬆症  等
このように、明らかに腰の病気による腰痛には、色々なタイプの症状が挙げられます。症状によって腰の痛み方も異なるので、痛み方を把握して腰痛のタイプを分類する事が出来ます。

神経障害を伴っている場合

突然激しい腰の痛みが襲ってきて、その場にジッとしている状態でも腰の痛みが収まらず、継続して痛みがある場合があります。その時に、痛みの他にも自分の腰や足に痺れる感覚があったり、発熱したり、痛みがひどくて排尿・排便する事が困難なったりするようであれば、神経障害が疑われます。このように、神経障害が発生している事が原因で、腰痛が引き起こされている場合があります。

骨や椎間板の神経に異常が見られる場合

腰に痛みはあるものの、腰や足の痺れは無くとも、痛みの症状が一週間以上治らずに続いている、或いは、痛みが激しくなる場合には、骨や椎間板の神経に異常が発生している場合があります。また、痛みは無くても慢性的に腰に怠い痛みがあって、足の痺れた感覚が続く場合は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症等の腰痛の病気になっている可能性も考えられます。

内臓疾患による腰痛

内臓疾患による腰痛では、外的な要因が思い当らずに腰痛になっています。このタイプの腰痛は、姿勢や体勢に関係無く、日常生活で感じた事の無い違和感が特定の部分にあり、さらに痛みを生じます。日中でも就寝中でも腰に痛みが生じており、激痛で中々寝付けない人もいます。
<5つの内臓疾患タイプ>
泌尿器系 消化器系 循環器系 内分泌系 婦人科系
このように、内臓疾患による腰痛を引き起こす原因には色々あります。内臓疾患からの腰痛では、腹痛、吐き気、発熱、目まいと言った、腰痛以外にも不調な症状が見られます。

心理要因の腰痛

心理要因による腰痛では、主に精神的ストレスが原因となって腰痛が生じていると言われています。「ストレスが腰痛に発展するの?」と意外に思う人も少なくありません。しかし、ここ最近の腰痛症状には、骨の歪みやズレ、内臓疾患等だけでは無いストレスも要因の一つであると言われています。このタイプは、現代版の腰痛要因と言えます。
<心理要因の例>
心理要因としては、勤務先での仕事に対する過度なプレッシャーや人間関係の悩み、また、育児中の家庭であれば育児ノイローゼ等が挙げられます。その他にも、自分の将来に対して希望が持てないと言った精神の不安定も腰痛症状を引き起こすと言われています。

腰痛は慢性化しやすい?!

肩こり腰痛解消ならフットマン

腰痛は、一度発症すると腰痛になりやすい事を知っていましたか?こうして、慢性的な腰痛症状に悩まされている人は少なくありません。この慢性腰痛は、筋肉の炎症による痛みと神経の痛み、また、心理的要因が複雑に絡み合わさった状態なのです。
例えば、腰痛が原因で中々身体を動かせない期間があると、それだけでも本人にとっては精神的ストレスとなります。このような精神的ストレスが継続すると、実は、脳の痛み抑制システムが正常に機能しなくなり神経が過敏になるのです。なので、さらに腰痛を感じる為に今まで以上に身体を動かさなくなります。これが慢性腰痛を引き起こす腰痛の悪循環なのです。